ハインリヒ・シュッツ

11月6日没
1585年10月8日~1672年11月6日

ハインリヒ・シュッツ

ハインリヒ・シュッツ

楽長を務めたドレスデン宮廷楽団はシュッツが生まれる半世紀前、1548年に設立され、ウェーバーやワーグナーが音楽監督を務めたことで知られていますが、シュッツは60年近くもの間その地位にいたのです。コペンハーゲンの王立楽団はドレスデンよりもさらに100年古い歴史がありますが、こちらもシュッツに縁があるのも面白いですね。
87歳という当時としても長生きし、晩年まで作曲を続けていたようです。イタリアからの影響を受け、ドイツ初期バロック音楽を確立しました。

それでは最晩年のドイツマニフィカトを聴いてみましょう。

  • プロご優待公演を見るには、ログインしてください
上部へ