アルバン・ベルク

2月9日生

1885年2月9日~1935年12月24日

アルバン・ベルク

アルバン・ベルク

シェーンベルク、ウェーベルンとともに12音技法を確立していきました。ウィーンの裕福な商家に生まれ、幼少時から音楽や文学に親しみ、多感な時期を過ごしました。10代で私生児の父となり、ギムナジウム試験に失敗し、自殺を図っています。
一度は公務員になりますが、音楽に打ち込むためウィーン音楽院に入学します。シェーンベルクの指導の下、無調音楽作品や12音音楽を作りました。その性格が反映して、こうした音楽でも彼のロマン性がにじみ出ているようです。

それではピアノ・ソナタを聴いてみましょう。

  • プロご優待公演を見るには、ログインしてください
上部へ