カール・マリア・フォン・ウェーバー

11月18日生誕
1786年11月18日~1826年6月5日

カール・マリア・フォン・ウェーバー

カール・マリア・フォン・ウェーバー

ドイツ・オペラというものを打ち立て、後のワーグナーなどに決定的影響を与えました。ベートーヴェンとシューベルトの間の世代ですね。
病弱で足が不自由だったようです。本格的な音楽教育は比較的遅かったものの、急速に才能を伸ばし、13歳の頃には初めてのオペラを作曲しています。これはモーツァルトに倣おうと父親がもくろんだ天才児育成戦略で、当時はオペラで名を挙げるのが手っ取り早かったようです。ハイドンの弟、ミヒャエル・ハイドンに師事するなど勉強を続け、やがてその作品は熱狂的な支持を受けるようになります。
若い頃は山師的な父親に翻弄され、波瀾万丈な生活が続きます。父親はいろいろな職業に就き(音楽家でもあった)、印刷技術にものめり込んだようで、その際に使う硝酸を17歳のウェーバーはワインと間違えて飲んでしまい、美声を失ってしまいました。

それでは交響曲第1番を聴いてみましょう。

  • プロご優待公演を見るには、ログインしてください
上部へ