ヘンリー・パーセル

11月21日没
1659年9月10日~1695年11月21日

ヘンリー・パーセル

ヘンリー・パーセル

イギリス・バロック期を代表するばかりでなく、イギリス最大の作曲家、と評する人もいます。ブリテンが「青少年のための管弦楽入門」で主題に使った旋律が有名です。
ウェストミンスター寺院や王室礼拝堂のオルガニストを務め、名声を高めました。器楽曲や合唱曲なども書きましたが、特に晩年の重要な作品としてはオペラを含む舞台音楽です。イタリアやフランスからの影響があるようですが、独自の作風は特に和声において発揮されているように思われます。
ヘンデルがロンドンに来たのはパーセルの死後十数年経ってからなので出会っていないですね。パーセルが長生きしてればお互いの刺激があったのではないでしょうか。

メアリー女王の葬送音楽

  • プロご優待公演を見るには、ログインしてください
上部へ