アンブロワーズ・トマ

2月12日没

1811年8月5日~1896年2月12日

アンブロワーズ・トマ

アンブロワーズ・トマ

パリ音楽院で学び、母校で教えていました。最後は院長にまでなりました。教育活動がメインであったため、作曲に割ける時間は多くなかったようですが、それでも20に上るオペラをはじめ、バレエ、宗教曲、室内楽曲などを残しています。代表作である歌劇「ミニョン」は存命中に上演回数が1000回を超えたほどのヒット作となりました。
後輩に当たるフランクやビゼー、フォーレなどとはそりが合わず、そうした新しい作風を受け入れなかったようです。どちらが後世まで残るか、よくわかる話ですね。享年84歳。
それでは歌劇「ハムレット」を聴いてみましょう。

  • プロご優待公演を見るには、ログインしてください
上部へ