マヌエル・デ・ファリャ

11月23日生誕
1876年11月23日~1946年11月14日

マヌエル・デ・ファリャ

マヌエル・デ・ファリャ

ファリャがパリに滞在していたのが1907年から1914年まで。この時代のパリは沸騰していました。ストラヴィンスキーが「火の鳥」「ペトルーシュカ」「春の祭典」を立て続けに発表。大論争を巻き起こしました。ラヴェルも「ダフニスとクロエ」という傑作を作曲し、ノリにのっている頃です。
こんな人たちとの芸術サークルに参加した青年ファリャは大きな刺激を受けたことでしょう。もともとスペインの民族音楽に興味を持っていた上、フランスで培った印象主義的な作風はファリャの方向性を形作っていったのでした。

それでは初期のオペラ「はかなき人生」を聴いてみましょう。

  • プロご優待公演を見るには、ログインしてください
上部へ