アルフレット・シュニトケ

11月24日生誕
1934年11月24日~1998年8月3日

アルフレット・シュニトケ

アルフレット・シュニトケ

ドイツ系の両親のもと、ソ連で生まれました。モスクワ音楽院を卒業後、講師を務めたり映画音楽で生計を立てていました。時代は前衛音楽真っ盛りです。シュニトケはこれに興味を持ち、いろいろな試みをします。ところが当時のソ連では受け入れられないばかりか批判、攻撃の対象になってしまいました。
ソ連から亡命した演奏家により西側に紹介され、徐々に名前が知られてきました。しだいに前衛的な部分は影を潜め、交響曲や合奏協奏曲といった伝統的な形式を踏まえた作品を書きました。

それでは合奏協奏曲第1番を聴いてみましょう。

  • プロご優待公演を見るには、ログインしてください
上部へ