ハンス・フォン・ビューロー

2月12日没(没後120年)

1830年1月8日~1894年2月12日

ハンス・フォン・ビューロー

ハンス・フォン・ビューロー

現代では作曲家と指揮者は役割分担されていることが多いですが、その昔は作曲家が指揮をすることが一般的でした。マーラーやリヒャルト・シュトラウスも指揮者として大活躍したのです。ビューローは専業指揮者としての先駆者です。当然ですが、作曲もしています。
最初はワーグナーの弟子であり、後にブラームス派へと翻し、ブラームスと共演しています。ピアノの名手であり、チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番はビューローに献呈されています。また、ブラームスのピアノ協奏曲をお互いに指揮をしたりソロをつとめたりしています。享年64歳。

それでは「バラード」を聴いてみましょう。

  • プロご優待公演を見るには、ログインしてください
上部へ