ルイージ・ダッラピッコラ

2月19日没

1904年2月3日~1975年2月19日

ルイージ・ダッラピッコラ

ルイージ・ダッラピッコラ

イタリアで初めて12音技法を取り入れて作曲しました。ダッラピッコラがこの技法を取り入れ始めたのが1930年代です。ちょうどその頃、ムッソリーニの政策に疑問を持ち始め、自身の音楽を変化させていきます。それまではイタリア人らしく、明るく軽快な音楽が特徴でした。
ムッソリーニがヒトラーと結びついてからはダッラピッコラの妻がユダヤ人であったため、より反体制へと向かわせました。そしてできたのが歌劇「囚われの歌」「囚人」「解放の歌」という3部作です。享年71歳。

それではチェロとオーケストラのための「ディアロギ」を聴いてみましょう。

  • プロご優待公演を見るには、ログインしてください
上部へ