• 楽団&演奏家(オケ・アンサンブル・独奏・吹奏楽・合唱団・オペラ)
  • 演奏会検索
  • メンバー・団員募集
  • おしゃべり広場&コミュニティ
  • みんなの練習帳
  • アンサンブルファン!

エリオ・セヴェルニーニ

Elio Severgnini 

基本情報

Elio Severgnini 

[海外 イタリア]

via Piave 16
26012 Castelleone
Cremona Italy
TEL:0374 56950
severgnini.elio@live.it
http://www.severgniniviolins.com/

工房・お店の紹介

Elio Severgnini was born in Castelleone (Cremona) on the 14th April, 1971. Since he was a child, he has showed remarkable manual endowment and a good disposition for music. Following the advice of his father Angelo and of his great-uncle Ettore Gazzoni, violinist, he attended the course in artistic carving directed by master Giuseppe Milanesi from 1982 to 1990.
Meanwhile, in 1985, he enrolled in the International Professional Institute for Wood and Violin Making Handicraft (Istituto Professionale Internazionale per l'Artigianato Liutario e del legno) "Antonio Stradivari" under the direction of master Vincenzo Bissolotti, receiving in 1989 the certificate of Master Violin Maker. Every year of his 4-year school career, he gained the "Walter Stauffer" education grant, issued by the homonymous foundation, and destined to very deserving students. Seen the excellent results he obtained, Master Francesco Bissolotti invited him to join his own studio in Cremona from 1990 to 1992, where he could polish different techniques of instruments handwork and brush-painting.
In 1993 he started his professional career, opening his own studio in Castelleone.
In 1995 he was called at Bruce Carlson, Fausto Cacciatori and Bernard Neumann's studio in Cremona, where he specialized in assembling, restoring and tuning instruments.
In 1996 he went back to his own studio in Castelleone.

He immediately started working with many prestigious violin makers as: Master Pierangelo Balzarini, Master Primo Pistoni and Master Josè Maria Lozano. With Master Josè Maria Lozano he deepened the studies and the search for different kinds of oil polish and, in particular, for polish based on fossil amber. Basing himself on historical formulas used in 1600-1700 for bow and pluck instruments, he created one using natural pigments that he personally prepared (alizarins of different shades, etc.). With this formula, he definitely improved the acoustic and aesthetic features.

最寄駅からのアクセス

お取扱いの楽器店

ご要望に応じて全製作工程の記録にも対応しています。木材は品質と乾燥状態ともに最高のものを使用。楽器に理想的なスプールス(ドイツトウヒ)の産地として昔から有名なパネヴァッジョの森(フィエンメ谷)産のスプールスです。木目をそのまま活かすために、板は切り出しではなく、原木を割って製造されます。虎目メープルも、厳選されたボスニア・バルカン山脈の材を使用。現地を何度も訪問して探しだしたベテラン家具職人から購入しています。セヴェルニーニの作品は、世界中の有名オーケストラの演奏者、音楽院の学生、コレクターによって使用されています。職人として独立を果たして以来、マエストロ・ピストーニやマエストロ・ロレンツォを始めとする数多くの有名な製作者たちとコラボレートしてきました。特にマエストロ・ロレンツォとは、琥珀(こはく)配合ニスを中心とする様々なオイル系ニスの研究を重ねました。さらに17~18世紀の弦楽器に使用された塗料の調合法の研究を通じて、天然染料(様々な色調のアカネなど)を配合した独自のニスも完成。このニスを使用することで、響きがよく、しかも美しい楽器を実現しています。

1994: 5th place, gained with a cello, at the 11th International Competition in Oakland - California, organized by the "Violin Society of America".

1995 : Silver medal for a violin and Certificate of Merit for a viola at the 12th International Competition in Albuquerque - New Mexico organized by the "Violin Society of America".

1997 : Silver medal for a violin at the 3rd International Competition of Violin makers in Mittenwald - Germany. First prize was not awarded.

1999 : Jury's Special Mention and Medal for the best promising violin maker at the 2nd International Competition in Paris - France.

2000: Invited by the Ministry of Culture of People's Republic of China, he took part in a collective exhibition dedicated to Italian violin making at the History Museum in Beijing, from 26th May to 2nd June.

2000: Gold medal dedicated to "Simone Fernando Sacconi", gained with a cello at the 9th International Competition "Antonio Stradivari" in Cremona - Italy.

2006: In May, he was asked to be part of the examining board of the International School of Violin Makers "Antonio Stradivari" in Cremona as External Commissioner expert in violin making.

2011年02月15日時点の情報です。
最新の情報は各店にお問合せください。

新コーナー アンサンブルの楽譜マーケット
個人音楽教室向け「生徒募集」支援サービスのご紹介はこちらから。
訪問演奏依頼受付中の楽団をご紹介
音楽ボランティア募集!|音楽ボランティア掲示板
音楽のお仕事募集!|音楽のお仕事掲示板
出演依頼コーナーに掲載しませんか。

ピックアップ

該当するイベント情報はありません。

オケ専♪からのお知らせ

演奏したり・勉強したり。アンサンブルを楽しみたい方へ
「平日の午後のオーケストラ」が始まります。

編曲の勉強会やります。ご自身の編成にあった編曲が学べます。

ホームページ作成の勉強会をやります。内容は音楽に関するホームページに限定です。

「ビデオレッスンレター」が始まりました。読売日本交響楽団コンサートマスターの小森谷巧さんからアドバイスが映像で届きます。
2017/9/6
アンサンブルの楽譜マーケットに、「若い広場、365日の紙飛行機」」の楽譜を掲載しました。
2017/8/25.28.29
アンサンブルの楽譜マーケットに、「竹田の子守唄、蛍の光、てんとう虫のサンバ、砂山」の楽譜を掲載しました。
2017/8/15.22
アンサンブルの楽譜マーケットに、「ソナチネ作品36-1 木管三重奏」「ソナチネ 作品36 第3番」(木管合奏)、の楽譜を掲載しました。
2017/8/7.8
アンサンブルの楽譜マーケットに、「A Whole New World」(混成2重奏)「亡き王女のためのパヴァーヌ」(木管合奏)、の楽譜を掲載しました。
2017/8/4
アンサンブルの楽譜マーケットに、「ラヴェル「道化師の朝の歌」木管八重奏版」の楽譜を掲載しました。
2017/7/26
アンサンブルの楽譜マーケットに、「ソナチネ 作品55-1」(木管合奏)「ソナチネ第1番」(木管合奏) 「アリエッタ」(木管合奏)、の楽譜を掲載しました。

お知らせバックナンバー

公演情報専門サイト
はじまりました

公演情報専門サイト「みんなの公演情報」はじまりました
https://kouen.beautifuldays.jp

アンサンブルの情報サイト
はじまりました

アンサンブルがもっと楽しくなる情報サイト「みんなのアンサンブル」はじまりました
http://ensemble.beautifuldays.jp/

歌の専門サイト

歌の専門サイト[うたのとびら]はじまりました
http://utanotobira.snacle.jp

オケ専♪のスマホサイト

オケ専♪のスマホサイトmotton♪
http://motton.snacle.jp

powered by snacle

JASRAC許諾第9014680001Y37019号

JASRAC許諾
第9014680001Y37019号