• 楽団&演奏家(オケ・アンサンブル・独奏・吹奏楽・合唱団・オペラ)
  • 演奏会検索
  • メンバー・団員募集
  • おしゃべり広場&コミュニティ
  • みんなの練習帳
  • アンサンブルファン!
心に届く音楽心理講座

想像力を高める音楽の効果

音楽が直接古い脳へ作用し、心地よいと感じさせてくれることはもう充分に分かってきたと思います。

好きな音楽を聴きながら将来へ目標を立て、それが実現している姿を想像する。これだけで、充分なモチベーションが湧いてきそうです。
でも、なぜこれだけ音楽が想像力や新しい発想を生み出してくれるのでしょうか。

これは聴覚と視覚の違いから説明することができます。

サルと人間の脳を比較すると、視覚が占める部分の働きはほとんど違いがないそうですが、聴覚の違いはものすごい違いがあるのです。これは言語や音でのコミュニケーション、音楽といった高度な音の創造の違いによるところが大きく、その点ではほかの生物にはない人間らしい能力であるといえます。

人間は視覚過多になっていて、聴覚よりもはるかに頼って生活しています。一見、耳から入る情報は目からの情報にはかなわないと思ってしまいますが、必ずしもそうではないようです。

例えば、ルビンの壺をご存じでしょうか。黒い方を見ると壺が見え、白い方を見ると人の顔が見えます。
そしてどういうわけか、同時にそれを認識することはできません。どんなにがんばってもどちらか片方しか見ることしかできません。

このあたりの詳しい考察はゲシュタルト心理学に任せるとして、視覚からの情報は密度が濃いと思いがちですが、一つの現象しか認識することができず、そこからの想像も生れづらいという側面もあります。

テレビを見ていても、そこから想像力を働かせるというよりは、見ている映像そのものを認識しているという状態でしょう。見ている映像そのものから得る情報というのは個人差があまりないはずです。

そこで、音楽を考えて見ましょう。まず、音楽は同時に認識することが可能です。和声、メロディー、リズム、音色などを同時に感じているはずです。メロディーに意識がいったからといって、和声の感覚が失われることはありません。
きれいなメロディーだなと感じながら、同時に和声的にも長調、短調などの違いを感じることができます。
リズムを意識した途端に、音色が失われることはありません。どんなにリズムを感じていても、ピアノの音はピアノと分かります。
「あれ、今何の楽器だったっけ?」ということにはなりません。
様々な音楽的な情報を同時に処理し、感じることができる能力はある意味視覚よりも感受性が強いともいえるでしょう。

さらに視覚との違いは全方位での認識が可能ということです。視覚は見ている方向しか情報を認識することができませんが、聴覚は前でも後ろでも横でもどこでも認識することができます。

聴覚の方が感覚を研ぎ澄ますという能力に結びついていると考えられているのはこのためです。感性が高く、頭の回転が鋭い人に限って足音で誰か分かったり、相手の声を聴いて瞬時に体調を読み取ったり、場の雰囲気を察知したりできるものです。

余談ですが、人間の耳は左右についているため、横からの呼びかけにはすぐに方向が分かりますが、上からの呼びかけには方向を察知するのが苦手です。よく、マンションの上階から下に向かって呼びかけられてもキョロキョロしてしまうことがあります。左右の耳に届く音のわずかな時間の違いから方向を読み取っているのですが、上からだとその機能をうまく使うことができずに迷ってしまうのです。

さて、聴覚は想像力を高めるという話ですが視覚からの情報はある意味完成されていますが、聴覚からの情報はそこから想像を膨らませていくことができます。

よく、小説から映画化されるということがありますが、実際に映画を見てみると「こんなんじゃない」という感想が多いそうです。小説を読みながら、その場の情景、台詞、登場人物の特徴、声、周りに流れている音楽などいろいろ想像して自分なりの世界ができあがっているわけですが、どんなに最新の技術を使って映像化しても想像にはかなわないのですね。
音楽も同じで、耳から入った音の情報を自分なりに解釈して脳内で補完しているわけですが、これが想像力を高める要因になっているのです。
同じショパンのソナタでも聴く人によって解釈がかわり、生れる感情も異なります。これは音楽には想像させる部分があり、聴く人がその部分を作り上げることで完成するという特徴があるといえます。

作曲や演奏はもちろんですが、音楽を聴くということも実はたいへんクリエイティブな行為であり、感性や感受性を高める行為であるのです。
新コーナー アンサンブルの楽譜マーケット
個人音楽教室向け「生徒募集」支援サービスのご紹介はこちらから。
訪問演奏依頼受付中の楽団をご紹介
音楽ボランティア募集!|音楽ボランティア掲示板
音楽のお仕事募集!|音楽のお仕事掲示板
出演依頼コーナーに掲載しませんか。

ピックアップ

該当するイベント情報はありません。

オケ専♪からのお知らせ

演奏したり・勉強したり。アンサンブルを楽しみたい方へ
「平日の午後のオーケストラ」が始まります。

編曲の勉強会やります。ご自身の編成にあった編曲が学べます。

ホームページ作成の勉強会をやります。内容は音楽に関するホームページに限定です。

「ビデオレッスンレター」が始まりました。読売日本交響楽団コンサートマスターの小森谷巧さんからアドバイスが映像で届きます。
2017/9/6
アンサンブルの楽譜マーケットに、「若い広場、365日の紙飛行機」」の楽譜を掲載しました。
2017/8/25.28.29
アンサンブルの楽譜マーケットに、「竹田の子守唄、蛍の光、てんとう虫のサンバ、砂山」の楽譜を掲載しました。
2017/8/15.22
アンサンブルの楽譜マーケットに、「ソナチネ作品36-1 木管三重奏」「ソナチネ 作品36 第3番」(木管合奏)、の楽譜を掲載しました。
2017/8/7.8
アンサンブルの楽譜マーケットに、「A Whole New World」(混成2重奏)「亡き王女のためのパヴァーヌ」(木管合奏)、の楽譜を掲載しました。
2017/8/4
アンサンブルの楽譜マーケットに、「ラヴェル「道化師の朝の歌」木管八重奏版」の楽譜を掲載しました。
2017/7/26
アンサンブルの楽譜マーケットに、「ソナチネ 作品55-1」(木管合奏)「ソナチネ第1番」(木管合奏) 「アリエッタ」(木管合奏)、の楽譜を掲載しました。

お知らせバックナンバー

公演情報専門サイト
はじまりました

公演情報専門サイト「みんなの公演情報」はじまりました
https://kouen.beautifuldays.jp

アンサンブルの情報サイト
はじまりました

アンサンブルがもっと楽しくなる情報サイト「みんなのアンサンブル」はじまりました
http://ensemble.beautifuldays.jp/

歌の専門サイト

歌の専門サイト[うたのとびら]はじまりました
http://utanotobira.snacle.jp

オケ専♪のスマホサイト

オケ専♪のスマホサイトmotton♪
http://motton.snacle.jp

powered by snacle

JASRAC許諾第9014680001Y37019号

JASRAC許諾
第9014680001Y37019号