• 楽団&演奏家(オケ・アンサンブル・独奏・吹奏楽・合唱団・オペラ)
  • 演奏会検索
  • メンバー・団員募集
  • おしゃべり広場&コミュニティ
  • みんなの練習帳
  • アンサンブルファン!
心に届く音楽心理講座

音楽の演奏はあることがきっかけで突然うまくなる

音楽を演奏する人なら誰でも悩むのが「あがってしまう」こと。音楽演奏は特に精神的な要素が結果に如実に現れる行為だけになかなかコントロールが効かないことが多い。「あぁ、練習ではもっとうまく弾けるのに」という言葉は何年演奏していてもつい出てしまう。いつもは上手く弾けていても、たくさんの人を前にすると途端に筋肉が硬直してありえないミスをしたりする。たくさんの人どころか、ともすると家族に頼んで聴いてもらっているだけでいつもの実力はなかなか出ないものである。いや、自分一人で録音をしているときだってなんだかいつもと違う感じがするのはあなたも感じたことがあるだろう。
人間、周りの状況とか精神的なことにずいぶんと振り回される生き物のようである。日々の練習だって、ひたすら練習してもしてもなかなかうまく弾けなくて苦労するものだ。「今日はここのフレーズだけ弾けたら終わりにする!」と思って終わりにしようとしても、弾けば弾くほど終わらない……という風に。

gassyou_piano


緊張とか焦りとかいう感情はリラックスしているときには出てこない。「失敗したらどうしよう」とか「何でこんなに弾いているのに弾けないんだ」と思えば思うほどドツボにハマってしまう。リラックスしていて、いわゆる「フロー状態」をいつでも作ることができればこんな悩みはなくなるのだろうけど、ついついいろいろな不安や焦りが頭に浮かんできてしまってうまくいかない。

そこで今回は意図的にパフォーマンスを上げる状態を作る方法を考えてみたい。

ちょっと思い出して欲しい。
もしかすると、演奏をしている人ならときどき感じたことがあるかもしれないが、「ある日、なんだか弾けるようになっている」という感覚を感じたことはないだろうか。
おとぎ話のような、ある朝目覚めたら人魚になっていたとかそういうことではなくて(そんな話あったかな)、なんとなくスラスラ弾けるという感覚。「あれ、昨日あれだけ何度弾いてもだめだったのになんかうまくいくな」というレベルの話なのだが、この現象はたまたまではなくある意味科学的でとても大事な過程なのだ。
私も今まで何度もそういった感覚にとらわれたことがある。なぜ、そのようなことが起きるのか不思議に思って「どういう状況のときにそれが起こるか」をまとめてみたところ「ある条件」が必要なことがわかった。

もったいぶらずに先に答えを言うと、それは「睡眠」である。
それも寝る直前までちゃんと練習していた翌日に起こることが多いのだ。

睡眠というと体を休めるという風に思っている人も多いと思う。もちろんそれも正解なのだが、睡眠の専門家に言わせると睡眠は休息というよりむしろ「活動」だという。どういうことかというと、身体は確かに休んではいるが脳はむしろ逆に全力で活動しているということ。身体は日中に活動し、夜はしっかりと休む。しかし、脳は夜にもガンガン活動しているというから驚く。その脳が活動している睡眠のときに、とてもありがたいことに「記憶を整理する」ということを大急ぎでやってくれているのだ。睡眠は記憶を定着させるのと同時に、その記憶を整理して邪魔なものは捨てながら「こなれた」記憶にしてくれるという。

つまり、起きているときに「ああでもない、こうでもない。何で弾けないんだ。もうこれで50回目だぞ」なんて意識で思っているときはまだ記憶はごちゃごちゃで、脳には整理されていないということ。だから、そんな状態で続けていても突然弾けるようになるということはない。その整理されていない記憶が睡眠を通して、整理されることによって、次の日に「なんだかスラスラ弾ける」という状態が生まれるのだ。

suimin_nonrem


これは、「レミニセンス現象」といわれており、一定時間のインターバルを取ることによってパフォーマンスが向上するという現象だ。記憶というと普通は時間が経つほど薄れていくものと思いがちだが、実は睡眠を通して整理されていると考えるのがよいのだ。レミニセンス現象を起こすにはもちろん「寝たら」良いのだけれど、それにも条件がある。それは、「寝る前に一生懸命練習した人」に起こるということ。ちょっと弾いて、あとは起きたら弾けているかな~なんて、そんなことはやっぱりない。記憶が整理されるということは、整理するだけの情報量がないとだめなのだ。そして、寝る直前の情報が定着しやすいということもあるので、もし演奏をしている人なら、寝る直前までなるべく練習してそのあとは刺激を取り入れずにすみやかに寝ることをおすすめする。この「刺激を取り入れずに」ということもとても大切で、寝られないからといって起きだしてテレビを見たりインターネットをしたりしてはいけない。いわゆる情報の遮断が大事なのであって、途中で刺激物を取り入れるとうまくいかないのだ。そして、「情報の遮断」の最たるものが睡眠というわけだ。

起きている間はひたすら情報をインプットして、あとは睡眠中に整理してくれる脳に任せる。こういったことも科学的現象として知っているとなかなかおもしろい。
くれぐれも、「一生懸命練習する」ことだけは忘れずに。