• 楽団&演奏家(オケ・アンサンブル・独奏・吹奏楽・合唱団・オペラ)
  • 演奏会検索
  • メンバー・団員募集
  • おしゃべり広場&コミュニティ
  • みんなの練習帳
  • アンサンブルファン!
音楽の森

チョン・キョンファ ヴァイオリンリサイタル2015

苦難を乗り越え、カムバックしたヴァイオリンの女王


長年にわたり、世界のヴァイオリニストの女王として君臨してきたチョン・キョンファ。指の故障というアクシデントを乗り越え、再び降臨した。

 

▼コンサート情報はこちらからもご覧いただけます。▼
PCで見るスマホで見る



カムバック後は精力的に演奏活動


今更説明の必要がないほどの大物ヴァイオリニストの登場です。10代はじめにジュリアード音楽院に留学。コンクールで優勝し、一躍脚光を浴びました。その情熱あふれる演奏スタイルは賛否両論を巻き起こしましたが、長年にわたって多くのファンを魅了してきました。
姉はチェリスト、弟は世界的な指揮者でピアニストであるチョン・ミュンフン。この3人でトリオを組み録音を出していたこともあります。
しかし、10年前にヴァイオリニストにとって致命的となる指の故障を発症。長期にわたる治療のおかげで2011年に見事カムバックしました。
日本にもたびたび訪れていましたが、指の故障のためしばらく顔を見せていませんでした。しかし、2013年に15年ぶりに来日。続いて今回の公演とファンにはうれしい復活ぶりです。
近年の彼女はただその情熱を前面に出すのではなく、内面に踏み込む哲学的ともいえる静謐な表現をも併せ持つ演奏が際立ちます。まさに熟練の証でしょう。
演奏家として確かな技巧を持ち、その上に人生経験が加わった深い音楽性を表現する。こうした人の演奏を聴くのは何にも代え難い喜びとなるはずです。

 

チョン・キョンファ ヴァイオリンリサイタル



練りに練られたプログラムは聴きもの


チョン・キョンファは長年にわたり数多くのレパートリーを演奏してきましたが、むやみに曲に手を出すのではなく、じっくりと熟成させていくタイプだといえるでしょう。今回のプログラムは彼女が長年にわたって愛奏してきた曲目が並んでいます。これまでの集大成、ともいえるプログラムです。
フォーレは室内楽の分野でも優れた曲を残しましたが、このヴァイオリン・ソナタは30歳頃の若々しさにあふれた作品です。晩年は晦渋な曲を書くようになりましたが、これはヴァイオリンを伸びやかに歌わせる傑作です。発表させるやいなや、イザイ、ティボー、エネスコといったヴィルトゥオーゾがこぞって演奏するようになりました。4楽章構成です。
グリーグはヴァイオリン・ソナタを3曲残しています。中でも今回演奏される第3番がもっとも人気の高い曲です。グリーグ独特の北欧的叙情性が遺憾なく発揮された佳作です。
後半は少し毛色が変わり、ウェーベルンの「4つの小品」作品7で幕を開けます。ウェーベルンは新ウィーン楽派のシェーンベルク門下で厳格な12音技法により作曲することで知られた人です。これはまだ12音を取り入れていませんが、無調で書かれています。チョン・キョンファがこうした作品を演奏することは珍しいですが、学生の頃から新ウィーン楽派を勉強していたようです。
演奏会のラストを飾るのはベートーヴェンの大作「クロイツェル」ソナタです。それまでヴァイオリン・ソナタというと「ヴァイオリンによるオブリガート付きピアノ・ソナタ」的な性格の作品が多かったのですが、ベートーヴェンはヴァイオリンを主役に立て、ピアノと対等以上のキャラクターを持たせました。ちなみに文豪トルストイの傑作「クロイツェル・ソナタ」はこの曲から霊感を受け、それを読んだヤナーチェクは弦楽四重奏曲「クロイツェル・ソナタ」を書きました。

 

リニューアルし注目を集めるホール


ところで、相模原の演奏会会場というと、まず思い浮かべるのがグリーン・ホールではないでしょうか。確かにこれまではそうでした。ところがここに新たな選択肢が加わりました。2014年5月にリニューアルオープンした相模原市民会館です。館内設備はもちろん音響面でも改善され、コンサートホールとしても使い心地のよい場所になりました。
客席数が1500~2000程度の大ホールはオーケストラなど大規模編成にふさわしく、室内楽となると空間的に広すぎる、と感じられます。室内楽の規模や性格にもよりますが、500席~1200席程度の上質な空間が求められます。

 

相模原市民会館ホール
相模原市民会館ホール


相模原市内にある代表的なホールであるグリーン・ホールは約1800席。これはオーケストラなどで本領を発揮します。対して市民会館は約1200席。室内楽や室内オーケストラにふさわしい空間です。
リニューアルを機に独自の企画を増やしているようです。チョン・キョンファのような大物も登場します。これからも面白い企画に注目していきましょう。
東京からは遠いと感じる方もいるかもしれません。しかし、新宿から京王線と横浜線利用で45分程度、横浜からも40分弱という便利さです。都内での公演より格安に、しかもサントリーホールなどとは別のプログラムを堪能できる良い機会です。ぜひ足を運んでみましょう。

≪コンサート情報≫

チョン・キョンファ ヴァイオリンリサイタル


▼コンサート情報はこちらからもご覧いただけます。▼
PCで見るスマホで見る

ピアノ ケヴィン・ケナー

【日時】2015年4月25日(土曜日) 開場14:30/開演15:00
【入場券】全席指定 S席10000円/A席 8000円/B席 6000円/学生半額/車いす席5000円
【場所】相模原市民会館(神奈川県相模原市 )交通・アクセス
 

相模原市民会館・外観


相模原市民会館・ホールのようす


新コーナー アンサンブルの楽譜マーケット
個人音楽教室向け「生徒募集」支援サービスのご紹介はこちらから。
訪問演奏依頼受付中の楽団をご紹介
音楽ボランティア募集!|音楽ボランティア掲示板
音楽のお仕事募集!|音楽のお仕事掲示板
出演依頼コーナーに掲載しませんか。

ピックアップ

該当するイベント情報はありません。

オケ専♪からのお知らせ

演奏したり・勉強したり。アンサンブルを楽しみたい方へ
「平日の午後のオーケストラ」が始まります。

編曲の勉強会やります。ご自身の編成にあった編曲が学べます。

ホームページ作成の勉強会をやります。内容は音楽に関するホームページに限定です。

「ビデオレッスンレター」が始まりました。読売日本交響楽団コンサートマスターの小森谷巧さんからアドバイスが映像で届きます。
2017/9/6
アンサンブルの楽譜マーケットに、「若い広場、365日の紙飛行機」」の楽譜を掲載しました。
2017/8/25.28.29
アンサンブルの楽譜マーケットに、「竹田の子守唄、蛍の光、てんとう虫のサンバ、砂山」の楽譜を掲載しました。
2017/8/15.22
アンサンブルの楽譜マーケットに、「ソナチネ作品36-1 木管三重奏」「ソナチネ 作品36 第3番」(木管合奏)、の楽譜を掲載しました。
2017/8/7.8
アンサンブルの楽譜マーケットに、「A Whole New World」(混成2重奏)「亡き王女のためのパヴァーヌ」(木管合奏)、の楽譜を掲載しました。
2017/8/4
アンサンブルの楽譜マーケットに、「ラヴェル「道化師の朝の歌」木管八重奏版」の楽譜を掲載しました。
2017/7/26
アンサンブルの楽譜マーケットに、「ソナチネ 作品55-1」(木管合奏)「ソナチネ第1番」(木管合奏) 「アリエッタ」(木管合奏)、の楽譜を掲載しました。

お知らせバックナンバー

公演情報専門サイト
はじまりました

公演情報専門サイト「みんなの公演情報」はじまりました
https://kouen.beautifuldays.jp

アンサンブルの情報サイト
はじまりました

アンサンブルがもっと楽しくなる情報サイト「みんなのアンサンブル」はじまりました
http://ensemble.beautifuldays.jp/

歌の専門サイト

歌の専門サイト[うたのとびら]はじまりました
http://utanotobira.snacle.jp

オケ専♪のスマホサイト

オケ専♪のスマホサイトmotton♪
http://motton.snacle.jp

powered by snacle

JASRAC許諾第9014680001Y37019号

JASRAC許諾
第9014680001Y37019号