オケ専♪音楽情報館利用規約

第1条(総則)
本規約は株式会社スナッピー・コミュニケーションズ(以下、「甲」という)がインターネット上で運営する「オケ専♪」への掲載・出店(以下、「本サービス」という)に関し、甲と利用申込者(以下、「乙」という)との間の契約関係を定めるものである。乙が本規約第5条に基づき申請し、甲がこれに対し承諾することにより、本規約及び申請事項を内容とする利用契約(以下、「本契約」という)が成立するものとする。
第2条(規約の適用)
  1. 1.本規約は、甲が提供する「オケ専♪」の利用に対して適用されます。
  2. 2.本規約とは別に甲が別途定める「ご利用上の禁止事項」等の諸規定は、それぞれ本規約の一部を構成するものとします。
  3. 3.本規約の規定と前項の諸規定の内容が異なる又は矛盾する場合には、諸規定が優先して適用されるものとします。又、本規約の規定と前項の諸規定の内容が異なる場合又は矛盾する場合以外は、本規約と他の規約等とが重畳的に適用されるものとします。
  4. 4.甲が、乙に対して発する第4条所定の通知は本規約の一部を構成するものとします。
第3条(規約の変更)
  1. 1.甲は、乙の了解を得ることなくこの規約を変更することがあります。この場合に、本サービスの利用条件は、変更後のオケ専♪利用規約によるものとします。
  2. 2.変更後の規約は、甲が別途定める場合を除き、オケ専♪のWebサイト上に表示した時点より、効力を生じるものとします。
第4条(オケ専♪からの通知)
  1. 1.甲は、オケ専♪のWebサイト上での掲示や電子メールの送付、その他甲が適当と判断する方法により、乙に対し、随時必要な事項を通知します。
  2. 2.前項の通知は、甲が当該通知をオケ専♪のWebサイト上又は電子メールで行った場合は、Webサイト上に掲示、又は電子メールを発送した時点より効力を発するものとします。
第5条(掲載・出店の利用申込と届出事項)
  1. 1.乙が、オケ専♪に掲載・出店を希望する際は、本規約を理解・承諾した上で、甲が定める形式により利用申請をおこない、本契約を締結するものとします。
  2. 2.乙は、前項の申請の際に、甲が指定する情報を送付した上で、以下に定める事項について、甲が定める方法で申請するものとし、この申請がなかったことによる損害は乙の負担とします。
    1. (1) 商号(屋号)、代表者名及び住所
    2. (2) 取扱商品及び役務
    3. (3) 掲載・出店についての日本語を話せる責任者(以下、「管理責任者」といいます。)の氏名、電子メールアドレス、電話番号その他所定の事項
    4. (4) 代金の決済方法(乙が利用可能な決済方法等)
    5. (5) その他甲が指定する乙の業務に関する事項
  3. 3.乙は、前項に定める事項に変更があったときは、甲に対し、甲が定める方法で速やかにその旨を申請するものとし、この申請がなかったことによる損害は乙の負担とします。また、甲は、乙に対し、その申請のあった事実を証明する書類の提出を請求することがあり、その場合は、乙は遅滞なく必要書類の提出を行うものとします。
  4. 4.甲が本条第2項及び前項により申請のあった乙の住所に書面を郵送した場合には、乙の受領拒絶・不在その他の事情で書面が到達しなかった場合又は配達が遅延した場合でも、通常到達する時期に到達したものとみなします。
  5. 5.甲が本条第2項及び第3項により申請のあった乙の管理責任者の電子メールアドレス(以下、「登録メールアドレス」といいます。)に電子メールを送信した場合には、当該電子メールは乙が受信した時点又は甲による送信後24時間の経過のいずれか早い時点に到達したものとみなします。
  6. 6.甲が乙に対し、甲が運営・管理するサーバ(以下、「サーバ」といいます。)内の甲所定のページに連絡事項及び随時必要な事項を掲示した旨を登録メールアドレス宛に電子メールにより通知した場合、乙は、速やかに当該連絡事項、随時必要な事項の確認をしなければならず、乙による確認又は当該電子メールが前項により到達したとみなされた時点から24時間の経過のいずれか早い時点に当該連絡事項及び随時必要な事項は乙に到達したものとみなします。
第6条(掲載・出店の利用申込の承諾等)
  1. 1.甲は、前条の申請を受けた後、審査の上、申請を承諾したときは、甲が定める形式により承諾の意思表示を通知します。
  2. 2.甲は、次の各号のいずれかに該当する場合は、その契約の申請を承諾しないことがあります。また、甲は、乙に対し、申請に対する承諾を拒否した理由を開示する義務を負わないものとします。
    1. (1) 申請をした乙が、オケ専♪の料金等の支払を怠り、又は怠るおそれがあると判断したとき。
    2. (2) 申請をした乙が、甲の信用を毀損するおそれがある態様でオケ専♪を利用するおそれがあるとき。
    3. (3) 申請をした乙が、反社会的勢力または反社会的勢力に関係すると疑われるとき。
    4. (4) 申請の際の記載内容が事実と反するとき、又は反すると疑われるとき。
    5. (5) 申請の際に必要な書類の提出もしくは情報の提供がないとき。
    6. (6) オケ専♪の提供が技術上困難と考えられるとき。
    7. (7) 前号のほか、オケ専♪の業務遂行上支障があり、甲が契約締結を適当でないと判断した場合。
第7条(契約の成立)
乙が、本規約を承認の上、甲に対し、オケ専♪Webサイト上の掲載・出店の申請の流れに従い、オケ専♪のシステム(データベース、ソフトウェア等を含み、以下、「システム」といいます。)の利用申請を行い、甲が申請を承諾した時点で、甲と乙との間で本契約が成立するものとします。
第8条(禁止事項)
本サービスのご利用に際して、以下の行為を禁止します。これらに違反された場合、甲は、乙による取引を停止したり、以後の取引をお断りすることがあります。また、乙の違反行為により甲に損害が生じた場合は、乙がその損害全てを速やかに賠償する責任を負うものとします。
  1. 1.甲、各掲載・出店者、他のユーザ、その他の第三者の権利、利益、名誉等を毀損する行為。
  2. 2.他人になりすました取引行為、虚偽の情報を入力する行為、その他の不正行為。
  3. 3.法令に違反する行為。
  4. 4.甲が定める各種規約に違反する行為。
第9条(知的財産権)
乙は、本サービスを通じて甲が乙に提供する情報(映像・音声・文章・写真・ソフトウェアを含む)が、 著作権、商標権、特許権、若しくは他の知的財産権及び法律により保護されていることを認め、又同意するものとします。
第10条(他の掲載・出店者および広告主、その他の業者との関係)
乙は、本サービスを通じて見出される他の掲載・出店者および広告主、その他の業者の行動、並びにこうした接触に関連する他の条件、保証は、乙とその掲載・出店者、広告主、業者との間のものであることを確認します。 甲は、その掲載・出店者、広告主、業者と、リンク・サイト又は本サービスの使用により、乙が接触し連絡する者のあらゆる行為について責任を負いません。 乙は当該対応の結果、甲又はその掲載・出店者、広告主、業者の行為から生じたいかなる損失・損害に関しても、 甲を免責することに同意します。
第11条(本サービス提供の中断)
甲は、次のいずれかに該当する場合には、乙に事前に通知することなく、本サービスの提供を一時的に中止することがあります。
  1. (1) 本サービス用設備の保守又は工事のため、やむを得ない場合
  2. (2) 本サービス用設備に障害が発生し、やむを得ない場合
  3. (3) 第一種電気通信事業者又はその他の電気通信事業者の提供する電気通信役務に起因して電気通信サービスの利用が不能になった場合
  4. (4) その他運用上又は技術上甲がサービスの一時的中断が必要と判断した場合
第12条(本サービスの終了)
  1. 1.甲は、乙に通知の上、乙に対する本サービス及び本サービスの一部を終了することができるものとします。
  2. 2.前項の通知は、オケ専♪のWeb上での掲示又は乙への電子メールの送付によるものとし、その通知の効力は第4条の定めによります。
  3. 3.甲は第1項の方法による乙に対する通知の後、本サービスを終了した場合には、乙に対して本サービスは終了に伴い生じる損害、損失、その他の費用の賠償又は補償を免れるものとします。
第13条 甲による解除・解約
  1. 1.甲は、乙が次の各号のいずれか該当するときは、乙に対する何らの通知・催告を要せず直ちに本契約の全部又は一部を解除・解約することができるものとする。
    1. (1) 本契約に定める義務に違反し、甲から相当の期間を定めて催告したにもかかわらず改善されなかった場合
    2. (2) 監督官庁より営業の取消し、停止等の処分を受けた場合
    3. (3) 販売方法等の業務運営について監督官庁による注意又は勧告を受けた場合
    4. (4) 自ら振り出した手形又は小切手の不渡りを一回でも起こした場合
    5. (5) 裁判上の倒産処理手続開始の申立てがあった場合
    6. (6) 資本減少、差押え、仮差押え、仮処分その他の強制執行の申立てを受け、又は租税滞納処分を受けた場合
    7. (7) 営業廃止、営業停止、解散もしくは組織変更の決議をした場合
    8. (8) 甲に対する債務の弁済を一回でも怠った場合
    9. (9) 財政状態が悪化し又はそのおそれがある場合
    10. (10) 販売方法等の業務運営が公序良俗に反し又はオケ専♪にふさわしくないと甲が判断した場合
  2. 2.本条第1項により本契約が終了した場合、乙は、甲に対して、違約金として解約月から契約期間終了までの期間の月額利用料金相当額を支払うものとする。
  3. 3.本条第1項又は第2項により本契約が終了した場合でも、甲は、乙に対し、直接・間接損害を問わず、賠償の義務を負わないものとし、乙は、これを予め承諾するものとする。
第14条 乙による解約及び中途解約
  1. 1.乙は、契約期間満了の1 ヶ月前までに、本契約の解約を希望する旨を甲所定の方法により書面もしくは電子メールで申請することにより、契約期間満了日をもって終了することができる。
  2. 2.甲は、本契約の終了時に乙に関するすべての情報を甲のサーバ上から削除することができるものとする。
第15条(通信の秘密)
  1. 1.甲は、電気通信事業法第4条に基づき、乙の通信の秘密を守るものとします。
  2. 2.甲は、本サービスの提供を通して知り得た乙の個人情報を次の各号の場合を除き、第三者に開示又は漏洩しないものとします。
    1. (1) 甲又は甲の提携先に関する広告、宣伝その他情報提供の目的で電子メール等を送付する場合
    2. (2) 個人情報を適切に管理するように契約等により義務付けた業務委託先に対し、本サービスの提供のために必要な業務を委託する目的で個人情報を提供する場合
    3. (3) 本サービスのサービス向上等の目的で個人情報を集計及び分析等する場合
    4. (4) 前号の集計及び分析等により得られたものを、個人を識別又は特定できない態様にて提携先等第三者に開示又は提供する場合
    5. (5) 本サービスに関わる部分の営業譲渡が行われ、譲渡先に対して法的に権利義務一切が引き継がれる場合
    6. (6) その他任意に乙の同意を得た上で個人情報を開示又は利用する場合
    7. (7) 裁判所の発する令状、その他裁判所の決定、命令又は法令に基づき開示する場合
    8. (8) 検察・警察・監督官庁からの適法・適式な情報の照会があった場合
    9. (9) 甲の利益を守るために必要性があると甲が判断した場合
  3. 3. 甲は、プロバイダー責任法(正称:特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律)第4条に該当する請求があった場合、当該請求の範囲内で情報を開示する場合があります。
第16条(プライバシーポリシーの遵守)
甲は、個人情報を適切に保護し、甲が別途オケ専♪のホームページ上に掲示する個人情報の取り扱いについてを遵守します。
第17条(アクセスログ等の取扱)
甲は、本サービスを利用した本ユーザのIPアドレス、当該IPアドレスから本サービスを利用した日時等のいわゆるアクセスログを記録することができるものとします。 当該アクセスログについては、本章に定める他、犯罪が行われた場合や、犯罪が行われたと疑うに足りる理由が存する場合や、検察・警察、監督官庁、弁護士会等の公的機関から照会を受けた場合には、それらの機関に対して、該当の個人情報及びアクセスログを開示することができるものとします。 そして、甲は、それらの情報開示による乙からの損害、損失、その他の費用の賠償又は補償を免れるものとします。
第18条(免責)
  1. 1.甲は、本サービスの利用に関して乙が被った損害又は損失などについては、一切の責任を負わないものとします。
  2. 2.甲は、本サービスの利用に際して、第3条 (規約の変更)、第11条 (本サービス提供の中断)及び第12条(本サービスの終了)があった場合に、乙が被った損害又は損失に対して、一切の責任を負わないものとします。
  3. 3.甲は、乙が本サービスの利用によって、他のユーザ又は第三者に対して損害を与えた場合、その一切の責任を負わないものとします。
  4. 4.甲は、乙が本サービスを通じて得る情報などについて、その完全性、正確性、確実性、有用性など、いかなる保証も行わないものとします。
  5. 5.甲は、通信回線やコンピュータ等の障害におけるシステムの中断、遅滞、中止、データの消失、データへの不正アクセスにより生じた損害、その他サービスに関して生じた損害に対して、一切責任を負わないものとします。
  6. 6.甲は、乙が使用するいかなる機器、ソフトウェアについても、その動作保証を一切行わないものとします。
  7. 7.本サービス利用の際に発生した、電話会社又は各種通信業者より請求される接続に関する費用は、乙が自己責任において管理するものとし、甲はいかなる保証も行わないものとします。
第19条(損害賠償の請求)
乙が本規約に反した行為又は不正若しくは違法に本サービスを利用することにより、甲に損害を与えた場合、甲は乙に対し、相応の損害賠償の請求(弁護士費用を含む)を行うものとします。

附則
平成21年11月15日制定・施行
平成25年8月21日改定