• TOP
  • 演奏会情報(吹奏楽団アンサンブルフラヴィア)
  • 楽団&演奏家(オケ・アンサンブル・独奏・吹奏楽・合唱団・オペラ)
  • 演奏会検索
  • メンバー・団員募集
  • おしゃべり広場&コミュニティ
  • みんなの練習帳
  • アンサンブルファン!

スイソウガクダンアンサンブルフラヴィア

吹奏楽団アンサンブルフラヴィア

 

演奏会情報

吹奏楽団アンサンブルフラヴィアのコンサート

吹奏楽団アンサンブル・フラヴィア サマーコンサート2018

(吹奏楽団アンサンブルフラヴィア) #

2018/08/19(日) 14:00開演 (13:30開場)

〔演奏曲目〕

行進曲「オーバー・ザ・ギャラクシー」(齋藤高順)

花の歌 (福島弘和)

歌劇「サムソンとデリラ」より「バッカナール」(サン=サーンス)

イーストコーストの風景画(ナイジェル・ヘス)

夏祭り

ハナミズキ

津軽海峡・冬景色

ジャパニーズ・グラフィティV ~日本レコード大賞・栄光の昭和50年代~

会場:
板橋区立文化会館 大ホール(東京都板橋区)
入場料:
無料(全席自由)

埼玉南部・東京北部を拠点に活動している吹奏楽団アンサンブル・フラヴィアです。
8月19日(日)にサマーコンサート2018を開催いたしますので、ご案内させていただきます。

今回は様々なテーマをもった、幅広いジャンルの曲を取り上げます。

第一部ではドラムセットが用いられる、
ポップで親しみやすい往年の課題曲「行進曲『オーバー・ザ・ギャラクシー』」、
鎮魂曲をベースに、厳しい寒さの冬の後に
ひっそりと咲いた白くて美しい花をイメージして作曲されたという「花の歌」、
旧約聖書の物語『サムソンとデリラ』に基づくエキゾチックな雰囲気を纏った
オペラ作品の中でもとりわけ妖しい魅力と狂気に満ちていることで名高い
舞曲「バッカナール」を演奏いたします。

第二部では
曲名のとおりアメリカ東海岸のニューヨークとその近郊を題材にした
「イーストコーストの風景画」を演奏いたします。
第一楽章の「シェルター・アイランド」では空澄み渡るシェルター島の冬の情景を、
第二楽章の「キャッツキルズ」ではキャッツキル山地の雄大で美しい自然を、
活気と喧騒、そして華やかさ、すべてが融合している第三楽章「ニューヨーク」、
イギリス人作曲家・ヘスが、見て・聴いて・感じとったさまざまなアメリカの光景を
音楽に乗せてお届けいたします。

第三部はテーマを「昭和歌謡/J-POP」とし、
そのメロディーを聴けば誰もが歌詞を口ずさめる
王道昭和歌謡から平成のヒット曲まで幅広くお届けいたします。
楽しく、切なく、そして甘酸っぱい記憶たちを想い起こしながら、お楽しみください。

入場無料となっておりますのでご家族、ご友人お誘い合わせの上、
お気軽にご来場ください!団員一同、お待ちしております♪

備考:
・開場から開演までの間、ステージ上にて有志によるアンサンブル演奏がございます。
・チケットをお持ちいただかなくても入場できます。
・未就学児童の入場も可能ではございますが、他のお客様のご迷惑にならないよう、ご配慮いただきますようお願い申し上げます。
連絡先:
flavia@ensembleflavia.net
URL:
http://ensembleflavia.net

直接お問合せする際は
「オケ専♪を見た」とお伝えください。

新コーナー アンサンブルの楽譜マーケット
個人音楽教室向け「生徒募集」支援サービスのご紹介はこちらから。
訪問演奏依頼受付中の楽団をご紹介
音楽ボランティア募集!|音楽ボランティア掲示板
音楽のお仕事募集!|音楽のお仕事掲示板
出演依頼コーナーに掲載しませんか。

ピックアップ

該当するイベント情報はありません。

公演情報専門サイト
はじまりました

公演情報専門サイト「みんなの公演情報」はじまりました
https://kouen.beautifuldays.jp

アンサンブルの情報サイト
はじまりました

アンサンブルがもっと楽しくなる情報サイト「みんなのアンサンブル」はじまりました
https://ensemble.beautifuldays.jp/

歌の専門サイト

歌の専門サイト[うたのとびら]はじまりました
http://utanotobira.snacle.jp

オケ専♪のスマホサイト

オケ専♪のスマホサイトmotton♪
http://motton.snacle.jp

powered by snacle

JASRAC許諾第9014680001Y37019号

JASRAC許諾
第9014680001Y37019号


みんなの音楽情報館:音楽教室や楽器・工房、音楽旅行や海外公演情報など

ほんとの初心者のためのホームページの勉強会やります。