• TOP
  • 演奏会情報(オリヴィエ・シャルリエ(ヴァイオリン)Olivier Charlier, violin/ピエール・レアク(ピアノ)Pierre Réach, piano)
  • 楽団&演奏家(オケ・アンサンブル・独奏・吹奏楽・合唱団・オペラ)
  • 演奏会検索
  • メンバー・団員募集
  • おしゃべり広場&コミュニティ
  • みんなの練習帳
  • アンサンブルファン!

オリヴィエ・シャルリエ(ヴァイオリン)Olivier Charlier, violin/ピエール・レアク(ピアノ)Pierre Réach, piano

 

演奏会情報

オリヴィエ・シャルリエ(ヴァイオリン)Olivier Charlier, violin/ピエール・レアク(ピアノ)Pierre Réach, pianoのコンサート

第8回川棚・コルトー音楽祭『京都フランス音楽アカデミー特別演奏会』

(オリヴィエ・シャルリエ(ヴァイオリン)Olivier Charlier, violin/ピエール・レアク(ピアノ)Pierre Réach, piano) #

2017/04/03(月) 19:15開演 (18:45開場)

〔演奏曲目〕

独奏:
オリヴィエ・シャルリエ(ヴァイオリン)Olivier Charlier, violin/ピエール・レアク(ピアノ)Pierre Réach, piano
会場:
川棚の杜・コルトーホール(下関市川棚温泉交流センター)(山口県下関市 )
入場料:
全席自由 一般3,500円/高校生以下1,500円 ※当日各500円増し。

コルトーが愛した川棚から、世界最高峰の音楽を

◆STORY◆
1952年、フランスの巨匠ピアニスト、アルフレッド・コルトー(1877-1962)は、日本ツアーの際に川棚観光ホテルに滞在。厚島の景観に感激し島の購入を川棚村長に申し出るほど魅了され、島は「孤留島(こるとう)」とも名付けられました。この縁から2010年ホテル跡地に「川棚の杜・コルトーホール」が誕生、毎年「川棚・コルトー音楽祭」が開催されています。

第8回は、第6回の出演で絶賛を博したヴァイオリニストのオリヴィエ・シャルリエ氏が、名ピアニストのピエール・レアク氏との共演で再登場します。
そして、メインプログラムは、第6回と同じく「フランク作曲のヴァイオリンソナタ」。コルトーの名録が有名な、フランス系ヴァイオリンソナタの最高傑作です。

現代フランス室内楽界最高峰の巨匠達による至高のヴァイオリン&ピアノデュオ。川棚・コルトー音楽祭でしか聴く事の叶わない世界一流のクラシックコンサートにご期待ください。

【出演】オリヴィエ・シャルリエ(ヴァイオリン)
    Olivier Charlier, violin
    ピエール・レアク(ピアノ)
    Pierre Réach, piano

【曲目】
F.シューベルト:ヴァイオリンとピアノのためのソナチネ第1番 ニ長調 D384 op.137-1
J.ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第3番 ニ短調 op.108
C.フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調

◆MESSAGE◆ 今回の選曲理由について
シューベルトのソナチネは、短い作品ですが、シューベルトの音楽の特徴がよくあらわれている、感動的な一曲。エモーショナルな面と、シューベルトの音楽につねに感じられるある種のはかなさもある作品です。ブラームスのソナタ第3番は、シューベルトのソナチネとコントラストをなすような一曲として、交響曲のような規模を持つこの作品を選びました。ドラマティックで情熱的なこの曲は、ドイツロマン派音楽の傑作のうちの1つといえるでしょう。フランクのソナタは、いわずとしれたフランス音楽の傑作として頻繁に演奏されていますが、決して飽きさせることはない美しさと豊かさを持った曲だと思います。(ピエール・レアク)

◆PROFILE◆
オリヴィエ・シャルリエ Olivier Charlier ヴァイオリン
熟達した技法と独特の存在感で、今や輝かしい円熟期を迎えるヴァイオリニスト。10歳でパリ国立高等音楽院に入学しナディア・ブーランジェ、ユーディ・メニューインらに師事。若くしてミュンヘン、ロン=ティボー等の国際コンクールで次々に受賞を重ねる。以来30年以上、世界中で演奏活動を行う。多数の協奏曲の名曲をレパートリーに数える一方、知られざる作曲家の作品も積極的に演奏・録音。室内楽にも熱心で、ラ・ロック・ダンテロン、プラード・カザルス、モンペリエ、ラ・フォル・ジュルネ等、多くの音楽祭に定期的に参加。ドゥカンやユボーら自身の師たちに続き、パリ国立高等音楽院にて教鞭をとる。使用楽器は1747年製カルロ・ベルゴンツィ。

ピエール・レアク Pierre Réach ピアノ
各地で演奏会やマスタークラスを行い、ピアノ・ピックフェスティバル(フランス)やヴィラセカフェスティバル(スペイン)の創設者兼ディレクターとしても活躍。オリヴィエ・メシアンコンクール第1位、自身の師の名を冠したアルトゥール・ルービンシュタイン国際ピアノコンクール入賞などの受賞歴を持つ一方、Y.ルフェビュール、Y.ロリオ、P.B.=スコダ等のもとで研鑽を積んだ。多くの著名オーケストラと共演、室内楽ではG.ホフマン、G.プーレ、P.アモイヤル等と共演。バッハ「ゴルトベルク変奏曲」の演奏は高く評価され多数のCDを録音。現在パリ地方音楽院およびカタルーニャ高等音楽院教授、上海音楽学院名誉教授。15年フランス芸術文化勲章シュヴァリエ受章。

◆REVIEW◆ あの、凄まじい感動がよみがえる
2015.4.2 第6回川棚・コルトー音楽祭
【出演】O.シャルリエ、新居由佳梨
【曲目】ブラームス:ソナタ第1番、フランク:ソナタ他

▼公演アンケートより
・選曲、音が素晴らしかった。極上の時間でした。
・演奏家と近くて迫力満点だった。同じオーラの中にはいりこめた感じです。
・久しぶりに“音”でトリハダがたちました。
・全く時間を感じず、最後までくぎづけでした。

▼川棚の杜・イベントアーカイヴスより
シャルリエ氏の紡ぐ音楽は、理性的で、構成力に裏打ちされた冷静さの奥底にある熱情が聴衆の本能をゆりうごかす~クラシック音楽の真髄に触れられた稀有な夜でした。

連絡先:
川棚の杜・コルトーホール TEL083-774-3855
URL:
http://www.kawatananomori.com/topics_details.html?u=400

直接お問合せする際は
「オケ専♪を見た」とお伝えください。


みんなの音楽情報館:音楽教室や楽器・工房、音楽旅行や海外公演情報など

楽団HPをもっとカッコ良くしたい。