• TOP
  • 演奏会情報(アンサンブル ディマンシュ)
  • 楽団&演奏家(オケ・アンサンブル・独奏・吹奏楽・合唱団・オペラ)
  • 演奏会検索
  • メンバー・団員募集
  • おしゃべり広場&コミュニティ
  • みんなの練習帳
  • アンサンブルファン!

アンサンブル ディマンシュ

アンサンブル ディマンシュ

 

アンサンブル ディマンシュの演奏会情報

アンサンブル ディマンシュのコンサート

アンサンブル ディマンシュ 第83回演奏会

(アンサンブル ディマンシュ) #

2018/09/23(日) 14:30開演 (14:00開場)

〔演奏曲目〕

モーツァルト 歌劇「皇帝ティートの慈悲」K621 序曲

ハイドン 交響曲第101番 ニ長調「時計」

ベートーヴェン 交響曲第1番 ハ長調 op.21

指揮:
平川 範幸
会場:
川口総合文化センター リリア 音楽ホール(埼玉県川口市 )
入場料:
1000円

【「古典派三大巨匠」のプログラム】今回は、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンというクラシック音楽界における「古典派三大巨匠」とも言うべき作曲家の作品をプログラムとした演奏会です。当団は小編成のオーケストラなので古典派の作品はよく演奏するのですが、意外にも古典派三大巨匠の作品が一堂に会す演奏会は、80回を超える歴史の中で初のこととなります。◆前回の演奏会では、メインプロにモーツァルトの「交響曲第41番K551」と、番号に「1」の付く交響曲を演奏しましたが、今回もメインプロにベートーヴェンの交響曲第1番を配したほか、「1」にまつわる作品を集めてみました。中でも1790年代の10年間という短いスパンに作曲された作品をピックアップし、作曲年代順に並べましたので、互いに影響を受けながら同時代を生きた作曲家の作風の違いを聴き比べていただけると幸いです。◆モーツァルトが1791年(没年)に完成させた歌劇「皇帝ティートの慈悲」は、音楽学者ケッフェルが付けた作曲順の番号(K番号)ではK621となっています。一つ前のK620は歌劇「魔笛」です。「魔笛」の作曲を中断してわずか18日間で完成したとも言われ、完成は「魔笛」より早いのですが、書き始めたのが遅いことから、K番号では順番がこのようになっています。この年は、ハイドンの交響曲でいうと、「驚愕交響曲」として有名な第94番ト長調が作曲された年に当たります。◆ハイドンの交響曲第101番ニ長調は、「時計」という愛称で呼ばれ有名ですが、もちろん番号も愛称もハイドン自身が付けたものではありません。1793年~94年、ハイドンが61歳のときの作品です。ハイドンはモーツァルトより24歳も年上なので、モーツァルトの交響曲に影響を与えていると思われがちですが、モーツァルトはこの頃にはすでに他界していて、この曲は前回演奏した「ジュピター交響曲」の6年も後に書かれているのです。◆ベートーヴェンの交響曲第1番ハ長調の作品番号は21で、1799年~1800年、ベートーヴェンが29歳のときの作品です。当時の交響曲デビューとしては遅いかもしれませんが、前述の「時計交響曲」とは6年しか隔たりがありません。主題や構成にハイドン、モーツァルトの影響を受けていることは否めませんが、両者にない独自性や新しい試みも多く、実験的な曲と言えます。ハイドンはこの頃67歳で、すでに交響曲は書き終えていますが、もし交響曲の作曲を続けていたらこの曲の影響を受けた可能性はあります。当団がこの曲を演奏するのは、第6回(1980年)、第36回(1995年)、第51回(2002年)に次いで4回目となり、交響曲では最多演奏回数を誇ります。

連絡先:
 
URL:
http://www.e-dimanche.jp/

直接お問合せする際は
「オケ専♪を見た」とお伝えください。

 

アンサンブル ディマンシュのコンサート

アンサンブル ディマンシュ第82回演奏会

(アンサンブル ディマンシュ) #

2018/02/17(土) 14:30開演 (14:00開場)

〔演奏曲目〕

モーツァルト:交響曲第41番 ハ長調 K.551「ジュピター」

指揮:
平川 範幸
会場:
彩の国さいたま芸術劇場(埼玉県さいたま市)
入場料:
1,000円

【今回の聴きどころ】サン・サーンス:交響曲第2番イ短調作品55:当団では、40年の歴史の中で、アリアーガ、シュポア、ファランクなど日本ではあまり馴染みのない作曲家の交響曲や、メンデルスゾーン、ボロディン、グラズノフなど有名な作曲家の交響曲の中でほとんど演奏されることのない第1番をシリーズで演奏するなど、埋もれた名曲に焦点を当てて積極的に取り上げてきました。中には日本初演と思われる曲も含まれています。今回は、その一環として、サン・サーンスが1859年、若干23歳のときに書いた交響曲第2番を取り上げます。◆サン・サーンスは、番号の付されてない2曲を含めて5曲の交響曲を完成したと言われています。そのうち今日よく演奏されるのは1886年に書かれた第3番「オルガン付」くらいで、それ以外はほとんど演奏されません。第2番は、実際は5曲中4番目に当たりますが、次の第3番の完成まで実に27年の隔たりがあります。◆「サン・サーンスの交響曲」というと、第3番に代表されるように大掛かりな編成で、壮大な交響曲をイメージしがちですが、第2番は、それとは正反対で、ホルン2本、トロンボーン・チューバなしの古典的な二管編成で書かれ、演奏時間も20分余りの小規模な交響曲です。とはいえ、曲全体は若さに満ちたエネルギッシュで美しい旋律に満ち、コンパクトにまとまっています。第1楽章には、第80回演奏会で取り上げたシューマンの交響曲第4番の主題に似た動機が出てきますが、循環形式を用いるなどシューマンの交響曲の影響を受けているものと思われます。

連絡先:
ensemble.dimanche@gmail.com
URL:
http://www.e-dimanche.jp/

直接お問合せする際は
「オケ専♪を見た」とお伝えください。

 

アンサンブル ディマンシュのコンサート

アンサンブル ディマンシュ第81回演奏会

(アンサンブル ディマンシュ) #

2017/09/23(土) 14:00開演 (13:30開場)

〔演奏曲目〕

オール・ブラームス・プログラム ハンガリー舞曲第1番 ト短調 ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.77 交響曲第2番 ニ長調 op.73

指揮:
平川 範幸
独奏:
戸澤哲夫(東京シティ・フィルコンサートマスター)
会場:
タワーホール船堀 大ホール (東京都江戸川区)
入場料:
1000円

◆オール・ブラームス・プログラム:1976年1月、バッハの作品を集めた演奏会で衝撃的デビューを果たした当団ですが、一人の作曲家に特化した演奏会は40年/80回の歴史の中でも意外に少なく、ほかには第2回(1977)と第24回(1989)にモーツァルト、第38回(1996)にシューマンを取り上げた演奏会があるのみです。◆小編成で演奏する交響曲第2番:ブラームスの交響曲は大編成で演奏されることが多いですが、作曲者は弦楽器群が木管楽器のソロを埋もれさせないよう、小編成で演奏されることを望んでいたようです。小編成の利を活かした演奏をお楽しみください。◆師弟共演のヴァイオリン協奏曲:今回の目玉は、何と言っても、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団(シティ・フィル)コンサートマスター戸澤哲夫氏をソリストに迎えてのヴァイオリン協奏曲でしょう。同氏とは、2009年9月、第65回演奏会でベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲を演奏しましたが、それ以来8年ぶりの共演となります。指揮の平川範幸氏は、2013~14年度シティ・フィルの指揮研究員でした。そのときコンサートマスターである戸澤氏の音楽に対する姿勢に多大なる影響を受け、氏の助言と指導は今の音楽人生の礎となっているそうです。いわば恩師である戸澤氏とは、指揮者とソリストという立場では今回が初共演で、そんな師弟関係にある二人がどのような協奏曲を創り上げるかが見ものです。

連絡先:
 
URL:
http://www.e-dimanche.jp/

直接お問合せする際は
「オケ専♪を見た」とお伝えください。

 

アンサンブル ディマンシュのコンサート

第80回演奏会

(アンサンブル ディマンシュ) #

2017/02/18(土) 14:30開演 (14:00開場)

〔演奏曲目〕

ベートーヴェン:レオノーレ序曲第3番

フォーレ:ペレアスとメリザンド

シューマン:交響曲第4番 初稿版(1841年版)

指揮:
平川 範幸
会場:
府中の森芸術劇場 ウィーンホール(東京都府中市 )
入場料:
1000円

前回のメンデルスゾーンのイタリア交響曲「1834年改訂版」に続く、「滅多に演奏されない別版(ヴァージョン)シリーズ」第2弾です。この曲は、実は、他の人が編曲し直したものを含め複数の異なる「版」が存在します。最もよく演奏されるのは、シューマン自身が1851年に改訂した稿(改訂稿)を基に出版された改訂版(1851年版)ですが、今回演奏するのは、この版ではなく、1841年にこの曲が完成した当時の「初稿」を基にブラームスと指揮者ヴュルナーの校訂により1891年に出版された初稿版(1841年版)です。改訂版と初稿版では、大きな違いがありますが、特に管弦楽法(オーケストレーション)にその違いが顕著です。その違いを聴きに、ぜひご来場ください。

連絡先:
 
URL:
http://www.e-dimanche.jp/

直接お問合せする際は
「オケ専♪を見た」とお伝えください。

 

アンサンブル ディマンシュのコンサート

第79回演奏会

(アンサンブル ディマンシュ) #

2016/09/17(土) 14:30開演 (14:00開場)

〔演奏曲目〕

モーツァルト:交響曲第31番「パリ」

ワーグナー:ジークフリート牧歌

メンデルスゾーン:交響曲第4番「イタリア」(1834年改訂版)

指揮:
平川 範幸
会場:
府中の森芸術劇場 ウィーンホール(東京都府中市 )
入場料:
1000円

今回演奏するイタリア交響曲の第2~4楽章は、初演後の1834年に作曲者自身が自ら改訂した稿を基にした版を用いています。通常演奏されているのは1833年に初演された初稿を基にしたいわゆる初稿版(1833年版)ですが、改訂稿は近年まで出版もされず演奏されることはありませんでした。この改訂版では、オーケストレーションから旋律に至るまで大幅な変更がなされており、初稿版とはかなりの違いがあります。この交響曲に聴き慣れている人はその違いにさぞかし驚かされることでしょう。

連絡先:
 
URL:
http://www.e-dimanche.jp/

直接お問合せする際は
「オケ専♪を見た」とお伝えください。

 

新コーナー アンサンブルの楽譜マーケット
個人音楽教室向け「生徒募集」支援サービスのご紹介はこちらから。
訪問演奏依頼受付中の楽団をご紹介
音楽ボランティア募集!|音楽ボランティア掲示板
音楽のお仕事募集!|音楽のお仕事掲示板
出演依頼コーナーに掲載しませんか。

ピックアップ

該当するイベント情報はありません。

公演情報専門サイト
はじまりました

公演情報専門サイト「みんなの公演情報」はじまりました
https://kouen.beautifuldays.jp

アンサンブルの情報サイト
はじまりました

アンサンブルがもっと楽しくなる情報サイト「みんなのアンサンブル」はじまりました
https://ensemble.beautifuldays.jp/

歌の専門サイト

歌の専門サイト[うたのとびら]はじまりました
http://utanotobira.snacle.jp

オケ専♪のスマホサイト

オケ専♪のスマホサイトmotton♪
http://motton.snacle.jp

powered by snacle

JASRAC許諾第9014680001Y37019号

JASRAC許諾
第9014680001Y37019号


みんなの音楽情報館:音楽教室や楽器・工房、音楽旅行や海外公演情報など

ほんとの初心者のためのホームページの勉強会やります。