• 楽団&演奏家(オケ・アンサンブル・独奏・吹奏楽・合唱団・オペラ)
  • 演奏会検索
  • メンバー・団員募集
  • おしゃべり広場&コミュニティ
  • みんなの練習帳
  • アンサンブルファン!
午後のオーケストラ参加メンバー募集
平日午後のアンサンブル大会。出演グループ募集
午後のアンサンブル~いつかは弦楽セレナーデ~ アンサンブル大会にも出場!
アンサンブルをはじめたい方へ
みんなのアンサンブル

今日の作曲家

11/29

エーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルト

大天才少年でした。9歳でマーラーに絶賛され、11歳で作曲したバレエ音楽「雪だるま」はウィーン宮廷歌劇場で御前演奏されました。

11/28

ジャン=バティスト・リュリ

ルイ14世に気に入られ、その寵愛を背景にフランス音楽界の頂点に立った人物です。太陽王との異名をとるルイ14世はバレエを好み、自らも踊っていました。

11/28

アントン・ルビンシテイン

つい一週間ほど前に紹介したばかりの人です。ロシアのピアノ界の潮流を作りました。リストにも師事し、偉大なヴィルトゥオーゾとして大活躍しました。

11/28

フランティシェク・ドルドラ

ウィーン・フィルのコンサートマスター、指揮者だったヘルメスベルガー2世にヴァイオリンを習い、ブルックナーに音楽理論を師事しました。

11/27

ガエターノ・プニャーニ

大ヴァイオリニスト、クライスラーによる「プニャーニの様式による前奏曲とアレグロ」が有名です。劇的な曲ですが、これはプニャーニとは関係なく、クライスラーの自作です。

11/27

中田章

唱歌「早春賦」で知られる作曲家。東京音楽学校(原東京芸術大学)出身で、母校の教授を務めました。唱歌の他、各地の校歌や大阪市歌なども作曲しました。

11/27

アルテュール・オネゲル

フランス6人組の一味です。が、フランスで生まれたとはいえ両親はスイス人、反ワーグナーの6人組とは指向性が異なったようです。

11/27

ギヨーム・デュファイ

グレゴリオ聖歌などに代表される中世の音楽からルネサンスの時代に入るときに重要な役割を果たした音楽家です。この時代の音楽家といえば歌手であり教会や宮廷に属していました。

11/26

アルバート・ケテルビー

11歳でエルガーに認められ、13歳でホルストに師事、16歳でセント・ジョン教会のオルガン奏者に就任、と天才ぶりを発揮しますが、なかなか芽が出ず、軽音楽の分野で名を上げていきます。

11/25

セルゲイ・タネーエフ

チャイコフスキーの弟子で、スクリャービン、ラフマニノフ、グラズノフ、プロコフィエフの先生、というのだからたいした人物です。

11/24

スコット・ジョプリン

映画音楽で使われた「ジ・エンターテイナー」が有名です。明治元年生まれですから南北戦争終結後まだ3年しか経っていません。この時代のアメリカでの黒人の生活は過酷だったことでしょう。

11/24

アルフレット・シュニトケ

ドイツ系の両親のもと、ソ連で生まれました。モスクワ音楽院を卒業後、講師を務めたり映画音楽で生計を立てていました。時代は前衛音楽真っ盛りです。

11/23

トマス・タリス

ルネッサンス時代のイギリスの作曲家です。この時代の音楽家は教会に属していたので、ちょうど起きた宗教改革の嵐に翻弄されたのです。

11/23

マヌエル・デ・ファリャ

ファリャがパリに滞在していたのが1907年から1914年まで。この時代のパリは沸騰していました。

11/23

クシシュトフ・ペンデレツキ

80歳になりました。傘寿ですね。1960年の「広島の犠牲者に捧げる哀歌」で国際的な注目を集めました。

11/22

ヴィルヘルム・フリーデマン・バッハ

あの大バッハの長男です。バッハは子だくさんで、13人もうけました。成人した6人の男子には厳しい音楽教育を施し、音楽家になっています。

11/22

コンラディン・クロイツァー

ドイツのビーダーマイヤー期を代表するオペラ作曲家、ということですが、ビーダーマイヤーというのは日常的なものに目を向ける小市民の文化形態で、質素な生活様式を指します。

11/22

ホアキン・ロドリーゴ

3歳で失明し、その後ピアノやヴァイオリンを学びます。パリではデュカスに師事しています。盲目で音楽活動を続けることは大変な困難を伴います。

11/22

ベンジャミン・ブリテン

生誕100年です! あまり取り上げられていませんね。100歳くらいは当たり前? 20世紀イギリスを代表する作曲家です。

11/22

アーサー・サリヴァン

ギルバート&サリヴァンとして14作のオペラを作りました。ウィリアム・ギルバートは劇作家で台本を担当した人です。

11/21

ヘンリー・パーセル

イギリス・バロック期を代表するばかりでなく、イギリス最大の作曲家、と評する人もいます。ブリテンが「青少年のための管弦楽入門」で主題に使った旋律が有名です。

11/20

アントン・ルビンシテイン

チャイコフスキーの先生です。幼少時からピアノをたしなみ、パリやベルリンでも勉強しました。ショパン、リスト、メンデルスゾーン、マイアベーアなどの知遇を得てドイツ・ロマン主義の作風で作曲しました。

11/19

フランツ・シューベルト

31歳で亡くなったんですね。現代の作曲家だったらまだ勉強中、これから仕事をどうしていくか、とようやく考えはじめる頃でしょう。

11/18

カール・マリア・フォン・ウェーバー

ドイツ・オペラというものを打ち立て、後のワーグナーなどに決定的影響を与えました。ベートーヴェンとシューベルトの間の世代ですね。

11/18

イグナツィ・ヤン・パデレフスキ

作曲、ピアニスト、政治家、外交官という顔を持つ多才な人。国際的ピアニストとして名を馳せ、なんとポーランド首相にまでなりました。

11/17

エイトル・ヴィラ=ロボス

ブラジルにとどまらず、中南米を代表する作曲家。彼を擁護したピアニストのアルトゥール・ルービンシュタインによればアメリカ大陸でも随一の存在ということです。

11/16

パウル・ヒンデミット

11歳の時に音楽家になることを決意する、って早過ぎやしませんか? まあ、天才なんでしょうが、ヴァイオリニストとしてキャリアをスタートし(オペラハウスのコンサートマスター)、ヴィオラのソリスト、指揮者としても活躍しました。

11/15

クリストフ・ヴィリバルト・グルック

ワーグナーへと続くオペラの改革者とされています。つまり、歌手の勝手わがままな歌唱よりも作品そのものを重視してより劇的なものへと仕立てたのです。

11/14

アーロン・コープランド

20世紀アメリカを代表する作曲家です。16歳から作曲の勉強を始め、21歳でパリに留学してナディア・ブーランジェに師事。このときにストラヴィンスキーと出会っているようです。

11/14

ヨハン・ネポムク・フンメル

モーツァルトにピアノを師事し、アルブレヒツベルガーに対位法、サリエリに声楽作品、ハイドンにオルガンを学んだというのですからすごいキャリアですね。


みんなの音楽情報館:音楽教室や楽器・工房、音楽旅行や海外公演情報など

楽団HPをもっとカッコ良くしたい。