• 楽団&演奏家(オケ・アンサンブル・独奏・吹奏楽・合唱団・オペラ)
  • 演奏会検索
  • メンバー・団員募集
  • おしゃべり広場&コミュニティ
  • みんなの練習帳
  • アンサンブルファン!
「平日午後のオーケストラ」参加者募集!
編曲勉強会やります!作曲やアレンジに興味のある方募集!
New Year みんなのアンサンブル大会~出演グループ募集~
ホームページの勉強会やります!参加者募集!

今日の作曲家

07/27

フェルッチョ・ブゾーニ

超絶技巧のピアニストとして名を馳せたブゾーニですが、新しい音楽の擁護者でもありました。

07/26

セルゲイ・クーセヴィツキー

ユダヤ人の音楽家の一家に生まれました。モスクワ・フィルハーモニー協会でコントラバスと音楽理論を学び、ボリショイ劇場のベーシストとなりました。

07/25

フェルディナント・バイエル

ピアノの入門者用の「バイエル教則本」で広く知られています。これが出版された1850年頃というのは、シューベルトやメンデルスゾーン、ショパンはもうこの世にはなく、リストがワイマールで活躍していた時代です。

07/24

クラウス・プリングスハイム

東京音楽学校(現東京芸大)で数々の音楽家を育て、日本の音楽文化を発展させた人です。ユダヤ系ドイツ人としてバイエルンで生まれました。

07/24

ベネデット・マルチェッロ

貴族の生まれです。ロッティやガスパリーニといった一流の音楽家に学びましたが、父親の命令で法律を学び、議員となります。

07/23

ドメニコ・スカルラッティ

ヘンデル、バッハと同い年で、この3人ともバロック後期を語る上で欠かせない作曲家です。

07/22

ヨーゼフ・シュトラウス

シュトラウス・ファミリーの作曲家、指揮者。ワルツ王ヨハン・シュトラウスの弟です。元々音楽を学んでいましたが、工業技術者として仕事を始めました。

07/17

ガブリエル・ピエルネ

師であるフランクが務めたサント・クロチルド聖堂のオルガニストに就任したあと、コロンヌのあとを継いでコロンヌ管弦楽団の指揮者を長らく務めました。

07/16

ウジェーヌ=オーギュスト・イザイ

ベルギーのヴァイオリニスト、作曲家です。リエージュ音楽院でヴュータンやヴィエニャフスキに師事しました。

07/15

カール・ツェルニー

9歳で公開演奏をするピアノの名手で、ベートーヴェン、フンメル、サリエリという一流音楽家の弟子でした。

07/15

ガエターノ・プニャーニ

ヴァイオリンの師匠であるソミスはコレッリの弟子です。10歳の時ソミスのオーケストラで演奏しました。

07/15

エルネスト・ブロッホ

ジュネーヴで生まれ、9歳でヴァイオリンを学び始めたブロッホはベルギーのブリュッセル音楽院でイザイに師事します。

07/13

アルノルト・シェーンベルク

12音音楽で知られるシェーンベルクですが、奇をてらって調性のない音楽をやっていたわけではありません。むしろ、ドイツ音楽の伝統を守ろうと躍起になっていました。

07/12

芥川也寸志

文豪芥川龍之介の三男として生まれましたが、也寸志が2歳の時に自殺しました。その遺品の中にSPレコードがあり、也寸志は繰り返し聴いていました。

07/12

アントン・アレンスキー

恵まれた家庭環境で音楽の才能を伸ばし、ペテルブルク音楽院でリムスキー=コルサコフに師事します。

07/12

ヨハン・ヨアヒム・クヴァンツ

フルートの名手としてヨーロッパ中を演奏していましたが、31歳の時にフリードリヒ2世のフルート教師になります。

07/11

ジョージ・ガーシュウィン

ラグタイムに親しんだ少年は、やがてミュージカルなどのポピュラー曲を作るようになり、ヒット曲も生まれてきました。

07/10

フェルナンド・ソル

ギターはスペインで花開いた楽器ですが、それにはソルのような優れた音楽家が必要でした。30歳の時、フランスがスペインに侵攻してきました。

07/09

オットリーノ・レスピーギ

ボローニャ出身で、そこでヴァイオリン、作曲、音楽史を学びました。音楽院を卒業するとヴァイオリニストとして、あるいはヴィオリストとしてオーケストラや室内楽で活躍しました。

07/07

ジョヴァンニ・ボッテジーニ

コントラバスという、オーケストラの中でも一番大きな楽器は扱うのがやっかいです。演奏するだけで大変なのに、複雑なパッセージが出てきたらどうやり過ごそうか、と考えてしまいます。

07/07

グスタフ・マーラー

屈折した人でした。ボヘミアで生まれたユダヤ人です。当時はオーストリア帝国、現在のチェコです。

07/06

ハンス・アイスラー

ライプツィヒで生まれたユダヤ人で、最初は独学で音楽を学びましたが、やがてベルク、ウェーベルンとともにシェーンベルクの高弟の一人となりました。

07/06

ホアキン・ロドリーゴ

ギターのための協奏曲である「アランフェス協奏曲」の大成功により、ギターのための曲を多数手がけましたが、ロドリーゴ自身はギタリストではありません。ピアニストでした。

07/04

ウィリアム・バード

イングランドのルネッサンス音楽の作曲家です。タリスに学び、ともに王立礼拝堂のオルガニストになりました。

07/04

スティーブン・フォスター

ヨーロッパではロマン派の音楽が花開こうとしている頃です。アメリカではまだ独自の音楽というものが確立していません。

07/03

レオシュ・ヤナーチェク

現在のチェコのモラヴィア地方で生まれ育ちました。同じチェコでもドヴォルザークのボヘミア地方とはずいぶん違うものです。

07/02

クリストフ・ヴィリバルト・グルック

現在のドイツ・バイエルンで生まれますが、ボヘミア系だったため、プラハ大学で音楽と哲学を学びます。初期には保守的なイタリア語のオペラ・セリアを作っていました。

07/01

エリック・サティ

風変わりな音楽をたくさん書いた人ですが、ドビュッシーやラヴェルなどにも大きな影響を与えています。

07/01

ヴィルヘルム・フリーデマン・バッハ

何しろ大バッハの長男ですから、溺愛され、過保護に育てられました。しかし、それがこの男の一生を悲劇的にした要因なのです。

06/30

ヨハン・シュターミッツ

ハイデルベルクから宮廷が移されたマンハイムは文化の一大中心地となっていました。宮廷楽団はヨーロッパ各地から一流の演奏家、作曲家が集められ、最高の水準を誇っていました。

新コーナー アンサンブルの楽譜マーケット
個人音楽教室向け「生徒募集」支援サービスのご紹介はこちらから。
訪問演奏依頼受付中の楽団をご紹介
音楽ボランティア募集!|音楽ボランティア掲示板
音楽のお仕事募集!|音楽のお仕事掲示板
出演依頼コーナーに掲載しませんか。

ピックアップ

該当するイベント情報はありません。

オケ専♪からのお知らせ

演奏したり・勉強したり。アンサンブルを楽しみたい方へ
「平日の午後のオーケストラ」が始まります。

編曲の勉強会やります。ご自身の編成にあった編曲が学べます。

ホームページ作成の勉強会をやります。内容は音楽に関するホームページに限定です。

「ビデオレッスンレター」が始まりました。読売日本交響楽団コンサートマスターの小森谷巧さんからアドバイスが映像で届きます。
2017/9/6
アンサンブルの楽譜マーケットに、「若い広場、365日の紙飛行機」」の楽譜を掲載しました。
2017/8/25.28.29
アンサンブルの楽譜マーケットに、「竹田の子守唄、蛍の光、てんとう虫のサンバ、砂山」の楽譜を掲載しました。
2017/8/15.22
アンサンブルの楽譜マーケットに、「ソナチネ作品36-1 木管三重奏」「ソナチネ 作品36 第3番」(木管合奏)、の楽譜を掲載しました。
2017/8/7.8
アンサンブルの楽譜マーケットに、「A Whole New World」(混成2重奏)「亡き王女のためのパヴァーヌ」(木管合奏)、の楽譜を掲載しました。
2017/8/4
アンサンブルの楽譜マーケットに、「ラヴェル「道化師の朝の歌」木管八重奏版」の楽譜を掲載しました。
2017/7/26
アンサンブルの楽譜マーケットに、「ソナチネ 作品55-1」(木管合奏)「ソナチネ第1番」(木管合奏) 「アリエッタ」(木管合奏)、の楽譜を掲載しました。

お知らせバックナンバー

公演情報専門サイト
はじまりました

公演情報専門サイト「みんなの公演情報」はじまりました
https://kouen.beautifuldays.jp

アンサンブルの情報サイト
はじまりました

アンサンブルがもっと楽しくなる情報サイト「みんなのアンサンブル」はじまりました
http://ensemble.beautifuldays.jp/

歌の専門サイト

歌の専門サイト[うたのとびら]はじまりました
http://utanotobira.snacle.jp

オケ専♪のスマホサイト

オケ専♪のスマホサイトmotton♪
http://motton.snacle.jp

powered by snacle

JASRAC許諾第9014680001Y37019号

JASRAC許諾
第9014680001Y37019号


みんなの音楽情報館:音楽教室や楽器・工房、音楽旅行や海外公演情報など

ほんとの初心者のためのホームページの勉強会やります。