• 楽団&演奏家(オケ・アンサンブル・独奏・吹奏楽・合唱団・オペラ)
  • 演奏会検索
  • メンバー・団員募集
  • おしゃべり広場&コミュニティ
  • みんなの練習帳
  • アンサンブルファン!
あなたの演奏を読売日本交響楽団の小森谷巧さんがアドバイス
編曲勉強会やります!作曲やアレンジに興味のある方募集!

今日の作曲家

03/22

ジャン=バティスト・リュリ

フィレンツェで生まれましたが、フランスに帰化し、ルイ14世の強力な寵愛を背景にフランスの貴族社会で音楽界を牛耳りました。

03/21

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ

何も言うことがありません。音楽史上で最も重要な一人です。転職を繰り返してきたバッハ、32歳から38歳にかけての6年間、ケーテンの宮廷楽団で楽長を務めました。

03/21

モデスト・ムソルグスキー

ロシア五人組はみな富裕な家系の出身であり、本職が音楽家でない、というのも普通でした。ムソルグスキーも有力地主の家系に生まれました。

03/21

アレクサンドル・グラズノフ

ロシア革命の前後、ペテルブルク音楽院からレニングラード音楽院へと改組される間、院長を務めました。

03/19

マックス・レーガー

身長2メートル、体重100キログラム、と音楽家の中では際だって大きな人でした。音楽史上の巨人、ベートーヴェンとワーグナーはともに167センチほどだったようです。

03/18

ニコライ・リムスキー=コルサコフ

ロシア五人組の一人。元々は海軍軍人で、バレキレフとの出会いによって音楽の道に進むことになりました。

03/17

ジョヴァンニ・バッティスタ・ペルゴレージ

わずか26歳で世を去ってしまいましたが、「奥様女中」という作品によってその後のオペラの流れを変える功績を残しました。

03/17

レオポルト・ホフマン

ハイドンの時代の作曲家です。生前はハイドンやグルックに並ぶ作曲家として認められ、数々の賞を受賞しているそうです。

03/15

エドゥアルト・シュトラウス

シュトラウス・ファミリーの三男です。ヨハン・シュトラウス2世の楽団でハープ奏者としてデビューしました。

03/15

ルイジ・ケルビーニ

イタリアのフィレンツェで生まれ、フランスで活躍しました。国際的な成功を収め、パリ音楽院の院長を務めました。

03/15

アレクサンダー・ツェムリンスキー

シェーンベルクの唯一の先生です。ツェムリンスキーが作ったアマチュア・オーケストラにチェロ奏者としてシェーンベルクが入団したのがきっかけです。

03/14

ヨハン・シュトラウス1世

ワルツの父、生誕210年おめでとうございます。ウィーンで生まれますが、ティーンエイジャーの時に孤児になってしまいます。

03/14

ゲオルク・フィリップ・テレマン

生前はあのバッハよりも優れた作曲家と見なされていました。バッハとは実際に交流があり、息子の名付け親にもなっています。

03/11

アストル・ピアソラ

タンゴの作曲家ですが、それだけに飽きたらず、クラシックやジャズなどを融合させ、独自の音楽を作り上げています。

03/10

パブロ・デ・サラサーテ

スペイン出身の天才的ヴァイオリニスト。8歳で公開演奏会、10歳でスペイン女王への御前演奏、13歳でパリ音楽院卒業、と早熟ぶりがわかります。

03/10

アルテュール・オネゲル

両親はスイス人ですがフランスで生まれ、ほとんどをパリで過ごしました。フランス6人組の一人です。

03/10

カール・ライネッケ

ワーグナーとブラームスのちょうど間の世代に生まれましたが、20世紀まで長生きしました。

03/09

サミュエル・バーバー

先輩に当たるガーシュウィン、コープランド、カーターなどはアメリカでの教育というよりはパリに渡って音楽を吸収してきました。

03/09

ヨハン・パッヘルベル

「パッヘルベルのカノン」で有名な作曲家です。バッハ一族とも交流があり、大バッハの長兄のヨハン・クリストフを教えています。

03/08

カール・フィリップ・エマヌエル・バッハ

バッハの次男。兄弟の中で一番成功した人物です。めでたく300歳となりました。名付け親はテレマンです。

03/08

ウィリアム・ウォルトン

20世紀イギリスを代表する作曲家の一人です。独学で作曲を学んだそうですが、交響曲を含む管弦楽曲、協奏曲、室内楽曲、映画音楽など、多ジャンルに渡って曲を作っています。

03/08

エクトル・ベルリオーズ

破天荒で巨大な作曲家です。そういう意味でワーグナーとの共通点も感じさせます。

03/07

トマソ・アントニオ・ヴィターリ

有名な「ヴィターリのシャコンヌ」は偽作疑惑があります。しかし、クライスラーのように後にカミングアウトされている、と言うようなことはないので、誰が作ったのか、本当に偽作なのかどうか、すらわかっていません。

03/07

モーリス・ラヴェル

音楽好きの父の影響でピアノをはじめ、14歳でパリ音楽院に入学しました。

03/06

コダーイ・ゾルターン

ブダペスト大学で言語学を学んだコダーイは同年代のバルトークとともにハンガリーの各地へ出かけ、民謡を採集していきました。

03/06

ジョン・フィリップ・スーザ

吹奏楽には欠かせない作曲家です。マーチ王と呼ばれています。スーザフォンという金管楽器がありますが、これはスーザが考案したものです。

03/05

エイトル・ヴィラ=ロボス

ブラジル最大の作曲家です。音楽好きの一家に生まれ、父からチェロやクラリネットを教わりました。

03/05

セルゲイ・プロコフィエフ

ロシア革命によって一時はアメリカに亡命しました。この際に日本経由でいったのですが、リサイタルも開いたようです。

03/04

アントニオ・ヴィヴァルディ

誰もが知っている「四季」。この華やかで季節の移り変わりを見事に表現した音楽は世界中で愛されています。

03/03

ジョヴァンニ・バッティスタ・ヴィオッティ

古典派初期の大ヴァイオリニストです。ロード、バイヨを直接指導し、クロイツェルに大きな影響を与えました。


みんなの音楽情報館:音楽教室や楽器・工房、音楽旅行や海外公演情報など

楽団HPをもっとカッコ良くしたい。