• 楽団&演奏家(オケ・アンサンブル・独奏・吹奏楽・合唱団・オペラ)
  • 演奏会検索
  • メンバー・団員募集
  • おしゃべり広場&コミュニティ
  • みんなの練習帳
  • アンサンブルファン!
今日の作曲家

オットリーノ・レスピーギ

4月18日没

1879年7月9日~1936年4月18日

オットリーノ・レスピーギ

オットリーノ・レスピーギ



ヴァイオリニストやヴィオリストとして活躍したあと作曲に打ち込みました。ローマのサンタ・チェチーリア音楽院の作曲教授に就任し、交響詩「ローマの噴水」を書き上げますが、初演は失敗し、自信をなくしてしまいます。その後トスカニーニがこの曲を大成功させ、その後のローマ3部作へとつながります。
後に音楽院の院長を務めますが、多忙の中、古い音楽を研究し、それを作品に取り入れていきます。「リュートのための古風な舞曲とアリア」「鳥」などにその成果が見られます。享年56歳。

それでは交響詩「ローマの松」を聴いてみましょう。