• 楽団&演奏家(オケ・アンサンブル・独奏・吹奏楽・合唱団・オペラ)
  • 演奏会検索
  • メンバー・団員募集
  • おしゃべり広場&コミュニティ
  • みんなの練習帳
  • アンサンブルファン!
今日の作曲家

ヨハン・シュトラウス1世

3月14日生(生誕210年)

1804年3月14日~1849年9月25日

ヨハン・シュトラウス1世

ヨハン・シュトラウス1世



ワルツの父、生誕210年おめでとうございます。ウィーンで生まれますが、ティーンエイジャーの時に孤児になってしまいます。丁稚奉公をするうちにもヴァイオリンを学び、やがてランナーの楽団に入ります。そこではウィンナワルツやドイツ舞曲を演奏していました。
シュトラウスは独立し、自分の楽団を立ち上げます。これが人気を呼び、ウィーンの名物となったばかりか、国外へも演奏旅行します。しかし、愛人を作って家を出て行き、息子たち(ワルツ王のヨハン・シュトラウス)との関係が悪化。一時は関係修復も行われますが、45歳で亡くなってしまいました。

それでは「ラデツキー行進曲」を聴いてみましょう。